趣味の総合サイト ホビダス
 
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - はしか(麻疹)の流行について
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

現在、沖縄県を中心にはしかの流行がみられています。その数、約70~80人くらい。

最初は3月に台湾から来た方が発症して、その時、病院にいた人、

同じ飛行機に乗っていた人、またその家族と増加を認めています。

関東でも数人の発症がありました。

空気や接触、飛沫などで感染します。感染力は非常に強力です。

症状は高熱が続き、咳、鼻水、目の赤み、途中からは全身に発疹が出ます。

このゴールデンウイークで大流行するか、医療関係者は注意して見守っています。

沖縄や観光地へ出かけられる方は注意が必要です。

最近、ワクチンに関してのお問い合わせが多く来ます。

通常、1~2歳台で1回、幼稚園の年長さんで2回目をします。

2回接種している方は大丈夫です。

あと、1~2週間で1歳になるので、自費でもいいので接種したいという相談もありました。

この場合は、1歳になるまで待っていてもいいです。

また過去に1回でも接種したことがある場合も、とりあえずそのままで様子をみます。

もし、川崎や横浜あたりまで、はしかの流行が迫ってきた場合には、その人たちも臨時で接種することもあります。

かなり報道で、1歳未満や2回目の接種をするようにあおっているようにも思えますが

まずはパニックにならずに冷静にみていきましょう。

みんなが一挙にワクチンを求めると、必要な人に行き渡らなくなります。

震災の時に、急にガソリンやトイレットペーパー、コンビニでの食料がなくなったのと同じです。

まだワクチンを接種したかどうか分からない、多くの人と接する仕事をしている。

沖縄などに行く予定があるなど、どうしても心配という人がいれば、自費で接種をしますので、

お申し出ください。

ちなみに、日本由来のはしかウィルスは根絶しました。今は海外からの持ち込みによって発症を認めています。

 

 

TrackBack URI | RSS feed for comments on this post


Leave a reply